アントニオ猪木自身が独白する、あのアリ戦舞台裏など、プロレスについて徹底的にやります

アントニオ猪木自身が独白する、あのアリ戦舞台裏

09020501.jpg
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 06:42:59.47 ID:CAP_USER9.net
1976年6月26日、日本武道館でアントニオ猪木はボクシング世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリと闘っていた。

【参照】中邑真輔が猪木アリ戦を徹底解説!

当時のアリはベトナム戦争への徴兵忌避、ジョージ・フォアマンを破った“キンシャサの奇跡”を経てアメリカの国民的英雄となっていた。なぜ、極東のプロレスラーが世界的スーパースターをリングに上げることができたのか? 骨太ノンフィクション作家、田崎健太が迫るーー。

***

―40年前の話を思い出してほしいのですが、日本レスリング協会会長だった八田一朗さんにモハメド・アリが「俺に挑戦するアジア人はいないのか」と発言し、それを猪木さんが伝え聞いたのがきっかけだったとか?

猪木 (首をかしげて)どうかわかんない。いろんな人が出てきて「あの興行は私がやりました」って言うんだけれど、お金のことも含めてやったのは私だから。アリ戦に関わったことに喜びを感じてくれている人もいるので、それはそれでいいかなと思うんだけど。

元はですね、アリが「ボクシングこそ格闘技の世界一だ」とか「一番強い」とか言っている記事をうちの秘書が持ってきたのが最初です。それで何も考えずに、おう、それだったらやってやろうじゃないかって噛(か)みついた。その時は売名行為とかなんとか叩かれたと思いますけどね。

***

1975年6月、ヘビー級チャンピオンだったアリはマレーシア・クアラルンプールでのタイトルマッチ前、日本に立ち寄った。
空港で猪木の意を受けた新日本プロレス渉外部の人間がアリに“挑戦状”を手渡している。
これを受けて、アメリカの興行会社ナショナル・リンカーン・プロダクションのロナルド・ホームズから猪木側に連絡が入ったという。

***

猪木 なんとかホームズという興行師が「本気でやる気があるのか」と言ってきた。それで「本気でやる気だぞ」と返した。
俺が単身ロスに行って、ホームズと片言の英語で話した時に出てきた条件はお金。
「いくら?」と聞いたら、「1千万ドル」。当時のレートならば30数億円か。元気がよかったから、金でできるならばやっちゃおうじゃねぇかという。

―30数億円ってすごいお金ですよね。

猪木 日本も元気がよかったからね。1兆円ぐらい動かしちゃう不動産屋さんが何人も出てくるちょっと前の時代ですかね。
日本が一番元気だった、そういう時代背景もあって、なんとかできるんじゃないかって気になっちゃう(笑)。

―アリは72年4月に日本で試合を行なっています。その時、アリを招聘(しょうへい)した興行師の康芳夫(こう・よしお)さんによると、
アリ側は契約に細かくて、辞書のような契約書があったとか。猪木さんの時も大変だったんじゃないですか?

猪木 (鷹揚[おうよう]にうなずいて)あー、俺はそこ見ていないですね。
計算したことないんで。やるか、やらないかの話。あとはスタッフがいろいろとやったと思うんでね。

―でも当時、猪木さんは新日本プロレスの社長。興行に責任を持つ経営者でした。

猪木 経営者には間違いないんだけれど、夢を追うほうが先だからね(笑)。
大事なことはすべて計算して…みたいなことが経営学の基本とされているけど、世の中その通りにいったことがないじゃないですか。
一番大事なのは感性というか、直感力。

―ボクシングとの異種格闘技戦ということで、どのようなルールで試合を行なうかが重要でした。

猪木 後から聞いた話ですけれど、試合の前にこっちもいいところを見せなきゃいけないみたいなのがあって、(公開練習で)跳び蹴りをしてみせた。
それを見たアリ側が「冗談じゃない、あんなのは闘えないよ」って話になった。もう帰るとか言いだしたみたいでね。

帰られちゃったらそれこそ俺らは笑いものになっちゃうし、どんなことがあってもリングに上げないといけない
逐一、(当時、新日本の営業本部長だった)新間寿(しんま・ひさし)が報告に来ていたけど、
「いいから全部(アリ側の要求を)のめ、大丈夫だ」ってね。それが(試合前日)最後だったかな。その後、私は帰って寝たと思いますけど(笑)。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160528-00065825-playboyz-fight
週プレNEWS 5月28日(土)6時0分配信




https://www.youtube.com/watch?v=GHbEBvEqf6c
モハメド・アリ入場曲(アリボンバイエ)



2 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 06:43:17.35 ID:CAP_USER9.net
―当時の猪木さんはどんなルールになっても勝てるという自信があったと。

猪木 うぬぼれ、強かったからね(笑)。俺こそ世界一だと思っていた。

■このインタビューの続き、後編は明日配信予定! 


■アントニオ猪木
1943年生まれ、神奈川県出身。本名、猪木寛至。ブラジル移住時代、力道山に見いだされ、60年に日本プロレスでデビュー。
72年、新日本プロレスを旗揚げし、モハメド・アリ、ウイリエム・ルスカら世界の強豪たちと異種格闘技戦を行なった。
89年、スポーツ平和党から参院選に出馬し初当選。2007年、イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)旗揚げ。
13年、日本維新の会から参院選に出馬し当選、国政に復帰。現在、日本を元気にする会の最高顧問

■「アントニオ猪木vsモハメド・アリ格闘技世界一決定戦 40周年記念プレ大会 GENOME36」
5月29日(日)/エディオンアリーナ大阪/16:00開場、17:00開始予定。
飯伏幸太、船木誠勝、アレクサンダー大塚、青木真也らが出場予定。最新情報はIGFオフィシャルサイトまで

■田崎健太
1968年生まれ、京都府出身。ノンフィクション作家。著書に『真説・長州力 1951―2015』(集英社インターナショナル)、
『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社+α文庫)、『電通とFIFA サッカーに群がる男たち』(光文社新書)など。
現在、『KAMINOGE』(東邦出版)にて「真説・佐山サトル」を連載中
4 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 06:50:10.33 ID:k9Npp8eL0.net
今も思ってるくせに
6 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 07:00:23.53 ID:sLYKkynT0.net
藤原組長の「あれは双方が生き死にを賭けた本物の真剣勝負」って話が好きだ。
本気の殺し合いって意味ではなく、お互い負けたらすべてを失い死ぬしかない、極限まで追い込まれた勝負って意味の。
12 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 07:14:25.75 ID:99Nwaptb0.net
アリはボクシングの練習さえしてなかったからな日本に着いたときには。そんなので真剣勝負とか言われてもな。タイソンなら帰って試合受けてないし絶対その後訴えてる。
14 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/05/28(土) 07:17:25.08 ID:Oc1He2Ui0.net
アリが「俺と闘う東洋の格闘家いないか」って言ったのが最初だろ。
ブルースリーみたいなの想定してたら、猪木が出てきたわけだ。
17 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 07:28:03.31 ID:99Nwaptb0.net
エキシビションだと思ってたかからな日本に来たときは。真剣勝負って聞かされてないし。ボクシングの試合と比べて提示されたファイトマネ-もものすごく低かったし。
18 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/05/28(土) 07:31:36.88 ID:Et7rOvEj0.net
ボクサーに対して寝技を誘うとか
チャレンジャー側があんなかっこわるい行為をやりだした試合を伝説とか言われてもなぁ…。
19 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 07:32:33.79 ID:99Nwaptb0.net
アリは別に試合受けないで帰っても良かったんだけど受けた理由はキャンセルしたら猪木と日本側がトラブルになることをアリが理解したから可哀想だから引き受けた。アリは取り巻きから金取られてるの分かってて取り巻き全員許したくらいだからな。
21 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 07:43:55.39 ID:x4R8+6Af0.net
確か土曜日で、小学校から急いで帰って見た。

子供心に「何この凡戦?」って思ったなあ...
27 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 07:53:05.39 ID:BFk4p51f0.net
馬場さんが本気に成れば猪木なんか秒殺だっただろうな
28 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/05/28(土) 07:54:23.24 ID:Oc1He2Ui0.net
猪木の練習観てアリ陣営がブルったんだよ。
猪木の責任じゃないしね。自分が挑発したんだから、
八百長前提で来る方がおかしい。
33 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 07:59:41.73 ID:GfFUVMdq0.net
>>28
いやアリは挑発ってより単なるトラッシュトークだからなあ
挑発なんて対戦相手にもさんざんしてるw
アリは猪木の前もプロレスラーとエキシビションやってるし
そういうオファーだと思っても別に普通じゃね
37 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 08:05:06.95 ID:tY8iN9aR0.net
この試合、アリがジャブを当てようとしてないんだよな・・・
猪木が寝っ転がる前に何度かそういう場面があるんだよ
完全な真剣勝負ではないと思う
38 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 08:07:00.38 ID:GfFUVMdq0.net
>>37
アリは本気出して勝ってもなんのメリットもないからね
猪木は勝ったらあのアリに勝った!ってメリットめちゃくちゃでかいけどw
勝つよりとにかく12ラウンド怪我しないように過ごそうぐらい
にしか考えてなかっただろうなあ
43 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/05/28(土) 08:18:01.58 ID:wRwMuAQ/0.net
日本が最高に元気で面白かった時代。
この時に青春を謳歌した世代を羨ましく思うわ
44 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/05/28(土) 08:22:15.58 ID:jxaw5wcc0.net
飛び蹴りダメ、投げダメとかだったんだろ
そりゃ寝るしかなくなるな
当日は卑怯だって叩かれたけど、どっちがだよって話し
猪木カッケー!
54 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 08:46:52.06 ID:brRI3IH00.net
現役のボクシングヘビー級世界王者が異種格闘技に参戦とか凄過ぎだわ
ボクシングのヘビー級世界王者とUFCのヘビー級世界王者が戦うみたいなもん
アリはやっぱ伝説
58 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/05/28(土) 08:57:28.09 ID:bvhz36qp0.net
ずっと寝転がってたから全く面白くなかった
96 名前:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/[] 投稿日:2016/05/28(土) 10:27:27.94 ID:xXQgOsu90.net
この試合、猪木が強いとかより
現役の世界ベビー級のチャンピオンをプロレスのリングに上げたのが凄いんだろ
この後、猪木はアリから例の入場曲をプレゼントされたし


元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/mnewsplus/1464385379/



関連記事
TOPプロレス最新情報アントニオ猪木自身が独白する、あのアリ戦舞台裏

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 昭和プロレス、アメプロ、新日本、全日本…… All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]